Hand Linking

 

SOCKSのつま先を縫製する加工方法は、元々3種類の方法があります。「ハンドリンキング」「ロッソ(ロスト)」「メロー」になりますが、現在SOCKSのほとんどがロッソでのつま先縫製になっています。メローは、ロックミシンでただ縫うだけなので、ごろつきが大きくロッソミシンの進化により生産効率もあまり変わらなくなってきたこと もありほとんど使用されなくなりました。

 ハンドリンキングは、職人の手指しによって1目1目を合わせて縫製 する技術です。ビジネスソックスなどのハイゲージに関しては、 ごろつきの無いリンキングは需要がある為現在でも維持されてきています。 しかし、ローゲージ用のリンキングミシンとなると、 生産効率が悪いのと職人技術を要する為、当然ロッソミシンに比べて 縫製工賃が数倍かかってしまう事でカジュアルソックスの低価格化に ともなって、仕事が無くなりミシンそのものが処分されてしまい、 GLEN CLYDEが探した時にはどこにも存在せず絶滅していました。

 しかし、この品質を再度お客様に提供したいと強く思う気持ちに奇跡が おこり、ローゲージのリンキングミシンが発見されたのです。 ミシンを使える様に整備し、新たな職人のもとへ届け、息を吹き返す 事に成功した時には言葉に表せないうれしさがありました。

 最近では、自動リンキング機が開発され編立て時に機械によって 自動にリンキングされるソックスもありますが、ハイゲージ、ミドルゲージ までで、さすがにローゲージはなかなか開発が難しい現状です。

そして、職人技術の「ハンドリンキング」をうたう事はできません。 是非、GLEN CLYDEの「HAND LINKED TOE」マークのSOCKSと 出会った時には、こんなエピソードと一緒にワンランク上のSOCKSを お楽しみ下さい。

 

 & LIFE SOXのサンプルでロッソとハンドリンキングの違いを紹介します

触ると違いがよくわかります hand_txt02を見かけたら触ってみて下さい

 

 

 

(株)グレン・クライド (事務所・ショールーム)

東京都文京区
根津2-35-2
113-0031
メール: info@glen-clyde.com
TEL: 03-3823-7631

グレン・クライド直営店 「Sock Club Tokyo」

東京都台東区
上野5-9-23
110-0005

TEL: 03-5846-8907