2022/7/11
 
よく、蒸れないソックスってないの?
って言われるけど、靴を履いていると
密閉状態なので、その中で蒸れないを
実感してもらえるソックスはなかなか
難しい課題でした。
 
そこで、最近開発した「凄乾」は、
靴を脱いだらとにかく早く乾くという
ソックスではあるのですが、蒸れないかと
言われると微妙なところもあります。
 
そんな時に、ある素材と出逢った事で
究極の蒸れないソックスの開発に踏み出す
きっかけとなりました。
その素材とは、「珪藻土繊維」です!
 
吸湿性が高く、速乾性も高い天然素材と言えば
「リネン」「シルク」「ラミー」「ヘンプ」
「和紙」などあり、この素材でも充分に
効果は感じられると思いますが、
ここに、「珪藻土繊維」が加わる事で、
履いてみたい!という衝動に駆られます。
 
今回は、以前より素材の良さや魅力はあったけど
なかなか最高のレシピが思いつかず、
本気で扱うまでに至らなかった「和紙」を
使用します。そして、多くの皆様に履いてもらいたい
との思いから、仕様は「relacks」で仕上げます。
和紙は硬くrelacksの様に編み地に伸縮性を
出してサイズフリーにするのは困難な為、
「シルク」と組み合わせて、さらに裏糸の
スパンデックスと「珪藻土繊維」をブレンドして
「究極の蒸れないソックス」を創り上げたい
と思います。
 

左から、珪藻土繊維、シルク、和紙レーヨン
 
今回の開発チームは、シニアマイスター橋本、
マイスター加賀&山中、日向野のメンバーで
進めていきます。
 

 
仕上がりにかなりワクワク期待度MAXです。
 
 
2022/7/25
 
サンプルが上がって来ました。
ジェンダーレスなソックスマーケットを確立したいので、
relacks仕様のサイズフリーです。
当然生産依頼は「柴田手袋製造所」です。
 

 
かかとつま先含めたネービー部分に美濃和紙レーヨン。
白いボーダー部分にシルク。裏全体に珪藻土繊維。
絶妙な組み合わせで編み立てられたと思いますが、
まずは、テイスティングします。
 
 
2022/7/29
 
!!!!凄い!!!!
想像を超えた履き心地です!
他のソックスには無いサラサラ蒸れない感覚。
長年ソックスを作ってるけど、ここまで思った通り以上の
仕上がりは滅多に無いことです。
早速、各色のサンプルに進みます。
 
 
2022/8/18
 
各色のコレクションが上がって来ました。
 

 
鉄板のネイビー、ベビーピンク、スカイブルー、バニラ。
爽やかな合わせやすい配色です。
 
この間、社内全員でテイスティングを重ねたところ、
今では毎日必ず誰かが履いているくらいになりました。
本来2023年2月頃の展開を考えていたのですが、
あまりにも評判が良い事と、2022秋からスタートする
新カテゴリーブランド”Wellness Socks”のラインナップに
入る事になったので、急遽9月から展開する事になりました。
自信を持って届けられる良いソックス出来ました。
 
名前も決まりました。
「Wellness Socks”WASILK”byGLEN CLYDE」です。
和紙とシルクを掛け合わせた造語です。
 
追記
WASILKを作る上での3種の神器のひとつ珪藻土繊維の話。
この糸を研究開発しているメーカーへ行って来ました。
能登半島にある会社が能登の珪藻土を使って研究しています。
まだ、開発途中のところ特別に譲って頂けるとの事です。
開発途中の為まだ販売はしていないので、衣料品では
WASILKが初めてです。
開発が完了したら、メーカーさんの名前をオープンにして、
リスクを持って研究開発した事へのリスペクトをしたいと思っています。