絶滅危惧種のハンドリンキングミシン

-2022/01/14-

ソックス専用の丸編み機では、編み地が編み下がった時にはつま先上部が、口が開いた状態になっています。一般的にはその部分を裏返してミシンで縫います。ロッソミシンと言いますが、近年新しいミシンが開発されて縫い目の山を低くすることが可能になり、ハイゲージ∼ミドルゲージは完全ではありませんが、かなりフラットに近くなってきています。
リンキングはロッソとは違い、目と目を合わせて縫い合わせるので縫い目が指の上部にあたる事がなく、ストレスフリーな製品になります。
今回は、ローゲージの編み地をリンキングする事をテーマとします。
針数84本∼96本のリンキングミシンを数台保有していること自体かなりレアな存在であるGLEN CLYDEですが、
実は56本∼64本という超ローゲージ用のハンドリンキングミシンも
保有しています。
56本クラスになるとさすがに編み地が厚すぎてロッソミシンでは、かなり縫い目がゴロゴロした仕上がりになってしまいます。
しかし、リンキングミシンが無いのだから仕方ないという諦めでいました。
GLEN CLYDEでは最近56本のソックスをあまり扱ってなかったので、リンキングのミシンも稼働してなかったのですが、先日協力工場の「ニットウィン」の西口さんと話していた時に「うち持ってるよ」と言うと、驚いていたので、じゃあ56本のウールの感動ソックス創ろうかってなりました。
 

 
今の時代に56本のローゲージハンドリンキングソックスがどれだけレアかどうかは、分かる人にしか分からないけどそれでいい。
そんな子供みたいなワクワクを実現するのが「Sock Lab.」
たまたま倉庫をあさってたら、深喜毛織のクーマラムが出て来たので、「これはラッキー」と。使ってた記憶はおそらく20年以上前だけど、虫にも喰われず状態がいいので試作ははこの糸で進めます。
編み立て工場は当然奈良のニットウィンでお願いします。
 
https://knitwin.com
https://fukaki.co.jp
 
-2022/02/25-
編み地が届きました。
Wool100%の糸で56本の編み地は久しぶりに落としたけど、やっぱり味があって良いなぁ。思わず顔がほころんでしまいました。
しかも、これでハンドリンキングなんて本当に絶滅危惧種です。
 
昔「Journal standard luxe」の田畑さんが大好きでずっと定番で扱ってくれてたの思い出しました。ウールのソーピングした変化もお客さんに楽しんで欲しいよねって言って、洗わず、仕上げもせず販売した時もありました。一般的には、お客様に渡る時にはなるべく仕上げた状態にするところを、あえて何もせず粗削りのまま売るなんて考えられないと思うけど、デニムを育てる感覚でソックスも育てて欲しいじゃんって。楽しかった時代を思い出させてくれる「Sock Lab.」。
ワクワクします。
 
ハンドリンキングを施して、ソックスになって来て下さい。
 

 

 

 
-2022/3/23-
 
ハンドリンキング、ソーピング、タンブラー仕上げが終わって綺麗なソックスとして完成しました。
綺麗です。
ローゲージな分編み地の隙間が大きいので
穴が空いている様にも見えますが、
これがハンドリンキングです。穴ではありません。
 

 

 

 
このローゲージ用のリンキングミシンは、
国内にはほぼ存在しない物となってしまいましたが、それだけでなくミシンを扱う職人も
数少なくなって来ている為、近い将来なくなってしまう技術です。
 
今回の「Sock Lab.」では、
針数56本のソックスの
ハンドリンキング技術を皆さんに
紹介しましたが、
このまま商品化するのではなく、
テーマを決めて、
GLEN CLYDEらしい
ローゲージソックスの企画で
お目にかかる様にしたいと考えています。
それまで、少しの間お待ちください。