DEFENDERモデルチェンジ

-2022/02/28-

 
GLEN CLYDEには、「DEFENDER」というBoots専用モデルがあり、愛用者も多いのですが、更に履きやすさ、丈夫さなどを追求した逸品にモデルチェンジしたいと思います。
 

 
現行の素材は、Cotton60%、Wool40%のリサイクルヤーンを使っています。
機械は、96本B式パイルというヴィンテージマシンで、すね部分の編み地をあえてゆるくしているのですが、たまに数回使用でもゆるく編んだ部分のゴムが伸びてしまったりすることがあるので、機械も変えてフルモデルチェンジでスペックアップします。
今回はオリジナルブレンドの糸を創って理想のソックスにチャレンジします。
 
このプロジェクトのメンバーは、シニアマイスター橋本と土屋の2名で進めます。
土屋は、GLEN CLYDEの海外事業部のメンバーです。岐阜県出身という事もあり、和紙の繊維の生産地エリアの為、せっかくリニューアルするならば和紙の糸を使ってDEFENDERを創れないかとリクエストがありました。
土屋もちょうど海外のお客様に和紙機械の良さを知ってもらいたいと、模索していたところだったのでSockLab.で研究開発を進めることになりました。
 

 
いろいろ考えた結果、2種類の糸を創って「NEW DEFENDER」のサンプリングに進んでみようと思います。
一つ目は、「CORDURA WOOL」×「和紙レーヨン」を撚糸した糸です。
二つ目は、「DENIMED COTTON WOOL」×「和紙レーヨン」を撚糸した糸です。
共通して使用する「和紙」の特徴は、強度があり、軽くて、吸水性が高い、消臭効果が高い。その為、共にウール素材に掛け合わせる事で、暖かさにさらっとした履き心地を加えて、1年中履けるブーツ専用ソックスの究極版に仕上げたいと思います。
 
-2022/03/29-
撚糸した糸が届きました。
ブルーの方が、
「CORDURA WOOL」×「和紙レーヨン」
グリーンの方が、
「DENIMED COTTON WOOL」×「和紙レーヨン」
やはり和紙はかなり張りのある糸なので、
パイルのソックスに仕上げられるか、
かなり不安があるところです。
糸を見たところ、ブルーの糸の方がだいぶ硬い様なので、
パイルの編み地は難しいかなって印象です。
あとは、編んでみないと分からないというところです。
サンプルが出来るまで楽しみにしていて下さい。